飛行機内での過ごし方。暇つぶしの方法

旅慣れた人や海外への出張が多い人も長いフライト時間を過ごすのは苦痛という人も多いと思います。すぐに爆睡できる人は良いですが、中々寝れない人は本当に飛行機の搭乗が憂鬱ですよね。

レガシーキャリア(フルサービスエアライン)なら、映画に音楽、ゲームにと機内の娯楽が充実していますが、格安航空(LCC)はモニターすら付いていない場合も多く、初めてLCCに乗った人は、そこまで何もないのかと驚くぐらいです。またレガシーキャリアに乗った場合でも好みの系統の娯楽が無い場合もあります。

長時間のフライトでの有効な時間の使い方や暇つぶし等をまとめてみました。

 

スマートフォンやタブレットに「青空文庫」を入れておく

青空文庫とは、著作権が消滅した作品などを有志がテキストを公開しているインターネット上の電子図書館で、夏目漱石や芥川龍之介など過去の名作が無料で読めるサイトで現在1万4千弱の作品を読む事ができます。

そのままでは読みにくく、飛行機ではインターネット接続ができないので、アマゾンの電子ブックリーダー端末キンドルやスマートフォンやタブレットのアプリにダウンロードしておいて読むことになります。

知らない人も多いですが、アマゾンの電子書籍は、電子ブックリーダー端末Kindleだけでなく、iphoneやアンドロイドのスマートフォンでもKindleアプリをインストールすることで読む事ができます。アプリは当然無料で、青空文庫の書籍も無料でアマゾンのサイトからダウンロードすることができます。

旅本 100冊 旅に行きたくなる本、旅に持っていきたい本、旅行記、紀行文などオススメ 【旅行の読み物】

普段ならあまり読む機会の無い過去の名作を飛行機の中でゆっくりと無料で読むことができます。また電子ブックリーダー端末Kindleを購入すると月に一回、ただで有料の本をダウンロードすることができます。

また、スマートフォンやiphoneを長い時間利用すると、現地についたときにバッテリーが無いということを防ぐためにモバイルバッテリーを持っていくか、スマホとは別にipad等タブレットかipod touchを持っていくのもおすすめです。ipadやタブレットなら地球の歩き方のキンドル版を入れることで、ガイドブック本をもっていかなくて済みますし、現地でGPS付きの地図としても活躍します。

モバイルバッテリーは、飛行機や国によっては持ち込みが制限されている場合があるので大きさは10000mAhぐらいのにしておくのが無難です。

 

スマホやニンテンドー3DSや、PS Vitaなど携帯ゲームで遊ぶ

ゲームは夢中になると時間を忘れる事が出来るので時間をつぶすのには持って来いです。レガシーキャリアの座席にはゲームも出来るモニターがある場合もありますが、古いゲームが多く面白くないのでニンテンドー3DSや、PS Vitaなど携帯ゲーム機を持ち込むのが良いでしょう。PS Vitaなら動画をダウンロードしておけば、機内で見たい映画や録画しておいたテレビ番組を見る事ができます。

スマートフォンやiphoneで、ゲームのアプリをダウンロードして遊ぶのもありですが、最近のゲームはパズドラやポケモンGOのようにインターネット通信が必要なものは機内でできないので、事前に確認しておきましょう。ロールプレイングゲームのようにインターネット通信が必要なさそうなゲームもログインの際に通信するゲームがあるので注意が必要になります。

また、法的にはグレーゾーンになりますが、アンドロイドスマートフォンの場合、スーパーファミコンやPSP、PS2等のエミュレータ(Emulator)アプリがあり、昔のゲームを楽しむ事ができます。

 

現地のあいさつと数字を覚える

マイナーな国に行く場合、あいさつを現地語でするだけで、現地の人とのコミュニケーションが円滑にいく場合も多くあります。値引き交渉をするために現地の数字を覚えておくとより楽しめます。

 

映画をダウンロードして機内でみる。

レガシーキャリアの場合、モニタで映画を見れる場合も多いですが、好みの映画でなかったり最新の映画がなかったりします。LCCの場合モニタ自体無い場合も多いです。最近は、スマホやタブレットに映画をダウンロードしておいて見る事ができるのでそちらの方がおすすめです。

昔は、機内にDVDプレイヤーを持ち込んで見ている人も多かったですが、現在は昔のレンタルビデオ屋さんのように、インターネット上でレンタルすることもできるようになりました。

U-NEXTなら、「U-NEXTプレイヤー」というアプリが用意されており、前もって映画や動画をダウンロードしておけば、インターネットの無い飛行機の機内でも好みの映画を見る事ができます。U-NEXTは映画やドラマなど配信数12000本以上の日本最大のオンデマンドサービスです。

 

⇒ 映画やドラマ動画配信サービスU-NEXTの詳細はコチラ 31日間無料

まずは31日間無料アカウント期間がありますので、自分でダウンロードして見る事が不安な人もお試ししてみる事ができます。

 

旅の日記をスマホのアプリでつける。

iphoneやスマートフォンには数多くのメモアプリ、旅日記アプリがあります。行きに飛行機なら旅行の日程を、帰りの飛行機なら旅の感想を書けば、時間はあっという間にすぎます。スマホで写真を撮っている場合は写真も簡単に添えることが出来ますので、簡単に旅日記が作成できます。簡単なメモ程度の旅日記でも5年後、10年後に見返した時に色々と旅の思い出がよみがえることでしょう。

 

隣に座席の人と話す。

あなたが、暇でたまらない、時間をつぶすのが苦痛であるように、多くの人が同じような気持ちで飛行機に搭乗していると思われます。相手の様子を見て、退屈そうにしているのなら、日本人でも外国人でも話しかけてみるのも悪くありません。中には話したくない人もいますから、そういう場合は相手の気持ちを考えてあきらめましょう。

話し相手が旅慣れた人や現地の人ならば、おすすめのレストランや空港からの便利な移動方法を教えてもらったり、現地の言葉を教えてもらったり、有意義に機内の時間を過ごせるでしょう。

hima-kinai-2

 

音楽を聞く

定番ですが、スマートフォンに音楽をダウンロードして入れておくのも良い暇つぶしになります。音楽だけでなく落語や語学の音声をいれておくのも良いですね。

イヤホンは普通のイヤホンではなくカナル式のイヤホンや少々高くなりますが、ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンを用意しておくと耳栓がわりにもなってよく眠れます。

 

空港で歩きまくって、飛行機内で寝る

時間が早く過ぎるのには、やはり寝るのが一番です。空港になるべく早くついて、一番早くチェックインし免税店エリアを端から端まで2時間あるくと疲れて機内で良く寝る事ができます。注意点としては、飛行機の離陸時に寝てしまいがちなのを我慢して、食事や軽食が配られたあと寝る事です。

今なら、ポケモンGOをプレイしながら歩き回るのもありかもしれませんね。

私は飛行機の中で中々寝れないのですが、この方法を実践してよく寝れるようになりました。シンプルで定番ですが、これが一番良い方法かと思います。

 

コメントを残す

*