英会話なしで旅行が可能に?瞬間で音声翻訳してくれる「ili(イリー)」のレンタル開始

英語が出来ないけど、海外旅行が好きな人の誰もが待ち望んでいた夢の機械が登場しました。話した言葉をその場で一瞬に翻訳してくれるデバイス「ili(イリー)」です。これを利用すれば、ほぼリアルタイムで外国人とコミュニケーションが取れる様になるかも知れません。ドラえもんに出てくる「ほんやくコンニャク」の様な夢のデバイスを紹介します。

 

 

海外旅行で困るのが英会話

海外旅行で必要なのが英会話です。ツアーでも最低限の会話は必要ですし、個人旅行の場合も英会話が出来れば旅行の幅も広がってきます。そのために英会話教室に通ったり、通勤時間にスマホで勉強したりしたりしますが、大体の人は旅行が楽しくなるレベルでの上達は難しいでしょう。

そんな時、ドラえもんに出てくる「ほんやくコンニャク」みたいに食べたら、話す言葉が相手が使用する言語に自動的に翻訳されるものがあればと思う人もおおいと思います。

 

話した言葉がそのまま翻訳されるili(イリー)

そんな夢の様な事ができるアイテム、しかも旅行に特化した翻訳機が発売されます。今回発売されるウェアラブル翻訳機の「ili(イリー)」は、ili(イリー)は向けて話した言葉を一瞬で音声翻訳してくれるデバイスで日本語、英語、中国語に対応しています。スマートフォンやiPhoneでも音声で入力して翻訳してくれるアプリなどもありますが、タイムラグが大きい、操作が煩雑、インターネットの環境が必要などリアルタイムでの利用はかなり厳しい物があります。

 

ili(イリー)の操作は簡単、インターネット通信もいらない

ウェアラブル翻訳機の「ili(イリー)」なら、話した言葉が一瞬(0.2秒)で翻訳され音声出力されるので外国人ともリアルタイムに近い感じで会話することが可能です。操作もボタンを押すだけの簡単さで、インターネットでの通信も必要ありません。会話の相手にも簡単に話してもらえるので言葉のキャッチボールが可能となります。

操作は簡単でボタンを押したまま日本語をしゃべり、ボタンを話すと瞬時に翻訳してイリーが英語や中国語を話します。もちろんその逆も出来るので、観光で訪日している外国人にも使ってもらうことが出来ます。

 

 

実際にili(イリー)を使ってみた動画

下記の動画でどんな感じなのか大体わかると思います。レストランでの注文や移動時に切符を買うくらいなら正確に翻訳してくれるくらいの能力はありそうな感じですね。ホテルなどでのトラブルなども簡単に伝えることが出来るでしょう。

ili Landing in Hawaii!

 

英語と中国語に対応、将来的にはスペイン語やタイ語も

発売当初は、日本・英語・中国語のみですが、7月ごろには韓国語に対応し、将来的にはスペイン語やタイ語にも対応する予定だそうです。これらの言語ができればほとんどの海外旅行で対応できそうですね。

重量などは公表されていませんが、スマホより軽そうです。充電はマイクロusb端子で充電する方式ですので、スマホの充電器があれば充電できます。

 

4月からはili(イリー)のレンタルが可能に

当分の間は法人向けのみで個人用には販売されないのですが、2017年の4月下旬より、海外旅行向けのレンタルWiFiの「グローバルWiFi」と提携し、全国13拠点の空港内(羽田空港、成田空港、関西空港など)でili(イリー)のレンタルが開始されるようです。

海外旅行では、インターネット通信が出来る「ポケットWiFi」のレンタルは必須ですからセットでレンタルすれば、旅行がより楽しくなりそうですね。まだ、はっきりしたレンタル開始日は未定ですがゴールデンウィークに使ってみたいですね。



レンタル開始されれば、ポケットWiFiと一緒に空港で受け取って空港で返すことが出来るようになるでしょうから手間もかからないでしょう。

 

旅行関連の翻訳に威力を発揮、アメリカ英語が得意

このイリーは旅行で良く使われる言葉を特に精度を高めており、空港やホテル、トラブル、食事、買い物、観光地、鉄道やバスなどの交通機関といった旅行関連の言葉に強いそうです。また旅行に行って議論などをするわけではないので短い文章が得意みたいです。

英語にも色々となまりがありますが、アメリカ英語やイギリス英語やオーストラリア英語はOK、インドの英語は今のところ不得意みたいですね。

 

コメントを残す

*