関西空港のカードラウンジ「比叡」は到着時も利用可能でパソコン作業にも最適

関西国際空港(KIX)の一般エリア(制限区域外)で利用できるカード系のラウンジ「比叡(ひえい)」を利用してきました。到着時や乗り継ぎ時にも使えてノートパソコンで作業する方にも便利なラウンジの簡単なレポートをしてみたいと思います。

 

 

 

ラウンジ「比叡」の場所

場所は第1ターミナルビルのレストランショップフロア3階のユニクロの近くです。場所は奥まったところにあるのでわかりにくいですが、ユニクロを目指していけば簡単に発見出来ます。

 

ユニクロ脇の通路に沿って行けばラウンジ「比叡」があります。隣は大韓航空のラウンジです。
ちなみに上の4階は国際線出発フロア、下の2階は国内線出発・到着フロア、1階は国際線到着フロアです。

 

左端の59番が比叡です。22番はユニクロ。

 

少し奥まった場所にあります。ゴールドカードやプラチナカードと共に搭乗券や予約のEチケットを受付で見せる必要があります。

 

ラウンジ「比叡」が使えるカード

ラウンジ「比叡」はゴールドカード以上のカードを所持していれば、利用できるラウンジです。対象カードは以下の通り。

関空のラウンジ「比叡」が使えるカード
・VJAグループ、JCB、NICOS、UC、UFJ、ティーエスキュービック、オリコ、ライフ、DC、エポス、エムアイ、ジャックスのゴールドカード以上
・AMEXメンバー
・ダイナース・インターナショナルカードメンバー
・楽天KCのプレミアムカード

プライオリティパスでは利用できないのできないですが楽天プレミアムカードなら利用可能。

 

パソコンでの作業がしやすい

ラウンジ内は普通のソファの他、ノートパソコンを使った仕事や旅行での調べものをするのに便利な電源プラグ付のデスクが用意されています。デスクの方は空いていることが多いので空港に早めに行って使うのもいい感じです。

 

デスクは、ガラスの囲いもありノートパソコンで仕事関係の作業もすることが可能。

 

WiFiはもちろん無料、ほぼ全席が埋まる混雑時でしたが、そこそこのスピードが出てています。ソファーの席は満席だったのでカメラで撮影することが出来なかったのですが、ソファーの横にも電源プラグが付いており、携帯電話やスマホを充電しながらネットしながら寛ぐことも可能です。

 

一般エリア(制限区域外)で利用できる

ラウンジ「比叡」は、チェックイン前の一般エリア(制限区域外)で利用できるので、国内線の乗り継ぎ待ちやチェックイン前に利用できるので便利です。

 

到着便でも利用ができる

出発時は当然、到着時にもカードと航空券の半券を提示すれば利用できるの電車や高速バスの待ち時間にも利用できます。

 

ラウンジ「比叡」の営業時間

営業時間は朝の7:30から夜の22:00(受付21:30)までとなっています。

 

ラウンジ「比叡」の無料ドリンクやフード

ジュースやコーラなどソフトドリンク、コーヒーや紅茶などは無料です。食べ物は、柿の種やおかきなど乾き物のお菓子が何種類か置いています。ビールやワインなどのアルコール類は有料となっています。

 

ゆっくりと休憩できるラウンジ

中には15分間1590円でマッサージできるリラクゼーションルームや喫煙室も設けられています。また雑誌も少しですが置かれています。最近、中国人など海外からの観光客が激増している関西国際空港の中で、ゆっくりと休めるスペースは貴重です。

 

 

コメントを残す

*