離島応援ナースの求人募集や評判・口コミ・給料について

旅行好きの看護師さんなら、気になる存在である「離島応援ナース」。旅行好きには、名前からも魅かれるものがありますよね。何か楽しそうなイメージのある「離島応援ナース」の実態や給料、仕事内容、体験談、評判、口コミなどを紹介いたします。

また、どのように求人を申し込めばよいのかを解説します。



 



 

離島応援ナースとは

離島応援ナースとは、3カ月から6カ月の間、看護師が少ない離島(沖縄・屋久島・奄美大島・徳之島など)に期間限定で勤務出来る制度です。トラベルナースや応援ナースとも呼ばれたりします。

南の島の離島の勤務であれば、スキューバダイビングやリゾート気分を満喫できます。当然、看護業務に誇りを持ち真摯に仕事に取り組み、離島医療に寄与する事が第一ですが、遣り甲斐もあり、遊びも出来る、オンオフがはっきりしている職場と言えます。旅行好きのナースさんや一度、環境を変えて色々考えてみたいナースさんに向いている仕事です。

okinawa-nurse

 

離島応援ナースと言えば「ナースパワー」

離島応援ナースに応募したい、体験したい場合は、通常の転職サイトやハローワークには、求人は出ていません。離島応援ナースというのは看護師求人サイト「ナースパワー」の人材紹介サービスの1つで、離島ナースの求人は、ナースパワーがほぼ独占していると言っても過言ではありません。これは、看護師求人サイト「ナースパワー」と離島の病院との信頼関係が、ナースパワーに離島応援ナースの求人が多い理由です。

 

登録は無料、看護師求人サイト「ナースパワー」

専門のコーディネーターが離島応援ナースへの転職をサポートしてくれます。登録・サポートは無料です。

コチラのリンクから登録できます、10万人が利用する転職サイト「ナースパワー」



離島ナースの給料は、約30万~40万円

離島応援ナースの給料は、通常の看護師よりも高く、看護師で約30万~40万円(夜勤手当込み)、准看護師で約25万~35万円(夜勤手当込み)となっています。赴任費用(旅費・引越し代)は、病院より支給されます。

 

離島へは、カバン一つで赴任可能

基本的にカバン一つでも赴任可能なくらい生活全般のサポートは万全です。アパート代や寮費も大体10,000~30,000円位で、テレビ、冷蔵庫、洗濯機など生活家電一式が揃っていますので、自由になるお金は多いですね。

 

離島応援ナースの勤務期間は3カ月から6カ月ので延長も可

通常、離島応援ナースの勤務期間は3カ月から6カ月ですが、延長も可能です。契約を延長して何年も働く事が可能です。

 

現地病院での面接は不要

看護師求人サイト「ナースパワー」に登録して求人を紹介してもらった場合は、ナースパワーの推薦ナースとして評価されていますので、一部の例外を除き、基本的に書類審査のみです。面接が行われる場合も費用は病院持ちとなります。

 

離島応援ナースの体験談・評判

実際に離島応援ナースで働いた事のある先輩ナースの体験談や評判がナースパワーのサイトに連載されていますので、一部抜粋して紹介します。離島応援ナースを考えている人は参考になると思います。

 

北海道からでも気軽に赴任
北海道出身38歳
沖縄には一度もいったことがなくて赴任をしましたが、空港から近く交通の便もいいので住みやすいです。応援ナースのお友達もできて楽しくやっています。内科系の患者さんが多いです。
宿舎はレオパレスで、家具家電揃っているので北海道からでも気軽に赴任できました。通勤は徒歩で7〜8分のところです。那覇の中心地なのでショッピングや生活に便利です。

 

念願の沖縄勤務♪
広島県出身31歳
念願の沖縄での勤務ができました。忙しい日々の中、レンタカーを借りてのドライブや海へ行き、広島ではできない思い出もたくさんできました。
ここは国際通りの目の前です。休みの日には観光もいろいろすることができ、今でもよく思い出します。

 

はじめは驚いたが・・・・
茨城県出身29歳
はじめは正直驚きました。病院も小さく、使っている物品なども自分が前いた病院よりだいぶ古いのです。
でも看護師さん含め、職員同士の人間関係が良く、なおかつ残業も殆ど無かったので、無事任期を満了することができました。

 

船舶免許取得を取りました。
看護師35歳(千葉県出身)
以前の職場の釣り好きな上司が免許を持っていました。4級免許なら私でもと思い、徳之島の病院へ勤務開始と同時にすぐ申し込みました。
地元(千葉県)に住んでいるときは行動力がありませんでしたが、徳之島にいってからは自分が変身したみたいに行動しています。
またこの病院にはナースパワーの応援ナースが15人位いますが、皆さん仲良く何かにチャレンジしています。私たち数名は船舶免許を取得することができました。

 

島で働きながらスキューバダイビングを経験。
看護師・26歳(福岡県出身)
京都から応援にきていた同僚看護師から、スキューバダイビングを習いに行こうと誘われ参加しました。二人とも全く経験ありませんでしたが、せっかく離島に来たからにはマスターして帰るんだという言葉におされ泳げない私も始めました。名瀬のインストラクターの方の指導の基、初めて潜って名瀬の海の美しさに魅せられました。

 

三線(サンシン)と島踊りに参加
看護師・38歳(千葉県出身)
沖縄の音楽が大好きな私。地元の方から三線の先生を紹介して週2回指導を受けました。少しずつ弾きながら歌えるようになりました。
練習が終わると皆でワイワイ騒ぎながら食事をし、決まって三線で島踊りをするのが楽しみでした。

 

沖縄応援中です「しない後悔よりした後悔を」
30歳 看護師(千葉県出身)
しばらく現場を離れていることもあり夜勤が勤まるか?知らない土地で生活する事は大丈夫なのか?などをコーディネーターの方と電話やメールでやり取りをして自分の中での不安点を解消していきました。

「今やってみたいと思うことはしておいたほうがいいですよ!しない後悔よりした後悔を」

という言葉に後押しされて決心をしました。そして今沖縄の総合病院で勤務中です。忙しい病院ですが、周りのスタッフと協力しあいながら頑張っています。
休日には緑豊かな自然とエメラルドグリーンの海に囲まれたこの土地を満喫し、充実した日々を送っています。

 

一番大切なもの
看護師25歳(大阪府出身)
初めての一人暮らしを始めて早6か月。ホームシックになったこともありましたが、島の人達やナースパワーの友達、優しいみんなに支えてもらってアッという間に月日が経ちました。
仕事は忙しい日もありますが、ほとんど定時には帰ることができ、早く終わった日には海辺へ散歩に行くこともできます。(癒されます。)

 

伊豆七島へ。東京消防局への救急ヘリ要請は、すごい
大分県出身 37歳

短い冬は、厳しい強風。これに絶えられれば、なんとか楽しいリゾートの夏になります。小さい島で、人口2000人・信号1つ・コンビニなし・買い物はみんな定価・水がミネラルウォーターみたいで慣れるのには1ヶ月。日差しは強いので、気をつけて。近場で食べ物屋さんも海岸もありますけど。できれば、車があれば海水の温泉やだいじんこという喫茶店、海岸沿い遊歩道など歩くと遠いところも行けてエンジョイできます。

 

離島応援ナースの応募はコチラから

離島応援ナースの求人数が多いナースパワーでは、求人応募だけでなく、専門コーディネーターが無料で転職をサポートしてくれます。まず下記のリンクから登録することをオススメします。
専門のコーディネーターが離島応援ナースへの転職をサポート「ナースパワー」



 

scuba-nurse

コメントを残す

*