英語が上手な有名人・芸能人の勉強方法は? 海外旅行で困らない英語力

海外旅行に行ったあとに感じる事の一つに英語をもっと勉強しておけば良かったと思うことが多いですよね。簡単な事を伝える事が出来なかったり、結構自信があったのに全く通じなくって悔しい思いをしたことがある人も多いでしょう。

芸能人や有名人で英語がペラペラな人も多いですが、帰国子女で無い芸能人やタレント・アイドルがどのようにして英語力や語学力を向上させることができたのかまとめてみました。その人達の何分の一でも実践すれば、海外旅行で困らない程度の英語力はつくでしょう。

 

 

福士蒼汰 (ふくし そうた)

特技は英会話という若手俳優の中でも注目されている福士蒼汰(ふくし そうた)さんは、英検2級を取得しており、第9回ローマ国際映画祭でも英語でスピーチしています。

福士蒼汰さんの英語学習方法は、留学経験はないそうですが、英単語が重要だと考えて、通学時間を利用して毎日200単語覚えていったそうです。



 

菅野 美穂(かんの みほ)

女優の菅野 美穂(かんの みほ)さんは海外旅行好きで有名で、1年間で33カ国も訪れたときもあるそうです。旅行番組にも出演して英語を話している様子も放送されることもあります。

英語に関しては独学で勉強していたようで、海外旅行に行くうちに必要に迫られてうまくなっていったと思われます。今も英語以外を使ってはいけないというルールがあるフィットネスクラブに通うなどして努力されているようです。

 

村上 春樹(むらかみ はるき)

作家の村上 春樹(むらかみ はるき)さんは小説を書くだけでなく、海外の作品の翻訳もされています。英語の小説を読むためのの方法として以下の方法を書かれています。

英語を読めるようになるには、英語を読むしかない。どんなトリックや搦め手を用いようとも、どんなメソッドや教授法を選ぼうとも、読むことを代替する手段はない。読むことを避けては、どうにもならない。
問題は、どうやって自分を「英語を読む」ことに追い込み陥れるかだ。英語以外のものは読まないことによって、と村上春樹はいう。本はもちろん、新聞や雑誌、電車の吊り広告すら読まない。

http://readingmonkey.blog45.fc2.com/blog-entry-434.html より引用

 

鈴木 亮平(すずき りょうへい)

俳優の鈴木 亮平(すずき りょうへい)さんは、東京外国語大学外国語学部欧米第一課程英語専攻を卒業しているので英語ができるのも納得できます。英検一級や実用英語技能検定1級も取得しており、英語ペラペラです。また、世界遺産検定1級をもっていて海外旅行も好きなようです。

英語が堪能な理由は若いときから海外に行っており、高校1年生の時には、アメリカに1年間交換留学生と滞在したそうです。やはり現地に行くのが一番なのでしょうか。またたいへんストイックな性格で、目標をきっちりと定めて勉強する方法のようです。

 

道端ジェシカ(みちばた ジェシカ)

モデルの道端ジェシカ(みちばた ジェシカ)さんは、ハーフの人気モデルです。ハーフなら英語がしゃべれて当たり前と感じるかもしれませんがジェシカさんは、父親がスペイン系アルゼンチン人とイタリア人のハーフで母親が日本人です。福井県で生まれ育っているので、特別に英語環境の中にいたというわけではありません。

英語の勉強方法は独学で、13才のころから始めたモデルの仕事の時に、周りの英語を話すモデルたちと積極的に英語を話すことで上達していったそうです。また同じ海外映画を何回も見る事によってシャドーイングできる箇所を増やしていったそうです。

一言で言えば、インプットとアウトプットのバランスがよかったことです。「覚えるフレーズを絞ったこと」これも道端さんがあれほど流暢な英語が身につけられた大きな理由でしょう。

http://thisisenglish.jp/ より引用

 

二階堂ふみ(にかいどう ふみ)

若手女優・ファッションモデルの二階堂ふみ(にかいどう ふみ)さんは映画の記者会見やスピーチを英語で話す程の実力の持ち主です。帰国子女ではないそうですよ。

慶応大学に行くほど高学歴などに加えて、ニューヨークに2カ月ほど留学した経験もあるそうです。また撮影現場で英語を勉強したり、英会話教室に通ったりとかなり努力しているみたいですよ。



 

中谷 美紀(なかたに みき)

海外旅行好きの女優として有名な中谷 美紀(なかたに みき)さんは、フランス語や英語、イタリア語も話すことができ、映画のイベントでもフランス語や英語でスピーチをされています。

フランスに在住していたこともあり、フランス語と英語を話すことができるようです。また旅行好きで長期間インドを旅行したりしているので、実践して語学が堪能になったのでしょうね。

 

冨永 愛(とみなが あい)

日本を代表するファッションモデルの冨永 愛(とみなが あい)さんは、海外で仕事をしはじめた当初は、まったく英語を話せなかったそうです。現在では、落ち着いたきれいな発音で話すと評判ですが、英語の勉強はかなり苦労されたようです。

冨永さんはNYに降り立った時「YES」「NO」しか言えないレベルで、相手の言うことが全く分からなかったそうです。そんな英語力で自分をアピールするブックと呼ばれる写真集を持ってオーディションに駆け回る日々。メ トロを乗り継ぎ、1日、20件回ったこともあったそうです。

また、会った瞬間ブックをバタンと閉じられ終了と言われるオーディションもあり、そういうオー ディションではなんとか食い下がり自分をアピールするそうです。相手が試しているのは英語力と表現力。拙い英語力を鍛える為にただ会話が聞きたくて地下鉄 に乗り続けたこともあるそうです。

http://thisisenglish.jp/ より引用

english-perapera-2

 

川島 永嗣(かわしま えいじ)

日本を代表するサッカーのゴールキーパーである川島 永嗣(かわしま えいじ)さんは海外のクラブに移籍する前から英語・イタリア語・ポルトガル語を勉強していたそうです。現在は英語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語は日常会話レベルで話すことが出来、オランダ語、フランス語を勉強中だそうで、趣味は語学だそうです。

ゴールキーパーは選手への指示も必要で海外でプレーするには、その国の言葉を話せないとダメですから必死にならざるを得ないのはわかりますが、7カ国語を操るのはすごいですね。

本を買ったり、好きな音楽を訳したりと楽しみながら語学の勉強を続けてきた川島選手。リラックスしている時も、映画の字幕を英語で見たり、字幕なしで見て分からない言葉を調べてメモしたり、遠征先のホテルでインターネットで語学の勉強をしてきたりした。

http://news.mynavi.jp/ より引用

 

渡辺 謙(わたなべ けん)

ハリウッド作品にも出演する俳優の渡辺 謙(わたなべ けん)さんは、40才を過ぎてから海外に進出したため、英語を勉強しはじめた当初は朝から晩まで勉強していたそうです。中年になってから英語を勉強し始めた人には励みになりますね。

5ヶ月ほどで、ラストサムライで披露している流暢な英語を身につけたとのこと。しかも、英語力ゼロからのスタートですよ

渡辺謙さんの英語の講師を務めたかたが奈良橋陽子さんという方です。奈良橋さんの英語勉強法は一言でいうと、「体全体を使って英語を覚える」です。ボディーランゲージなどを使い、楽しみながら覚えていく方法です。実際に、渡辺謙さんに英語を教えた奈良橋さんが会長を務める英会話スクールでは、「ドラマメソッド」という手法を使って皆さん英語を体で覚えているそうです。

http://www.bostonlife107.com/category2/entry5.html より引用

 

水野 美紀(みずの みき)

特技はアクションと英語という女優の水野 美紀(みずの みき)さんは、英会話学校のCMにも出ていたことがあります。その英語力を生かし海外の映画にも出演しています。学生時代から英語学習に非常に熱心だったようです。

英語を勉強したいと思って、大学は文学部英文学科に入学しました。大学では英会話の授業はあったのですが、「これじゃ足りない!」と思って、結局自分で英会話の学校を探して通うようになったんです。当時新宿にあった英会話学校だったのですが、専門学校みたいな感じの本格的な学校で、朝の7時から夜の11時ぐらいまで毎日授業が開講されていました。

現場では常にiPadを持ち歩いて、共演者やスタッフと話している時に分からない言葉があったらすぐに調べるようにしていました。発音が不安な時は、共演のイギリス人の俳優さんに聞いてもらって確認するようにしていましたね。iPadに入れていた、いつも使っている英単語問題集のアプリを見てもらって、ふだん使う言葉と使わない言葉を選別してもらったりもしました。

http://square.toeic.or.jp/globalbusiness/e-life/25.html より引用



 

桑田 真澄(くわた ますみ)

元プロ野球選手の桑田 真澄(くわた ますみ)さんは、39才になってから大リーグに移籍しました。桑田さんは、とにかく辞書を引くことが勉強で大事といっといます。

僕は20歳ぐらいの頃から、いつかはメジャーに行きたいと考えていて、英語は少しずつ勉強していました。チームの外国人選手と話すというだけでなく、当時 はよく映画を観て練習していましたね。最初は普通に字幕を観て、その後その映画の本を買ってきて言い回しを確認して、また観に行く。そこでまた分からない 部分があると、本で確認して、辞書を引いて、再度映画館に足を運ぶということをやっていました。

http://square.toeic.or.jp/globalbusiness/e-life/09.html より引用

 

柴咲 コウ(しばさき コウ)

女優の柴咲 コウ(しばさき コウ)さんは、全編英語の台詞である「47RONIN」のヒロイン役でハリウッド映画デビューしています。

映画公開の直前に、英語の発音矯正で有名なアメリカ人言語学者スコットペリーさんに直接指導を受けて練習したそうです。お金持ちの人や仕事の場合に限られますが、英語の英才教育を有名な先生から直接指導されるのはうらやましいですね。

 

アメリカ人言語学者スコットペリーさんが監修した教材

【30日で英語耳になれる!】5万8000個突破!【楽天1位の英語教材】リスニングパワー【koushin0201】shopfree【楽ギフ_包装】※有名芸能人も実践中!

価格:14,799円
(2016/8/18 22:55時点)
感想(1835件)

コメントを残す

*