関空からバンコク ドンムアン空港までノックスクート XW111便に搭乗

ノックスクート XW111便、関西国際空港からバンコク ドンムアン国際空港の便に搭乗しました。チケットは公式サイトで予約、往復で預け荷物無し、座席指定有りで16000円ぐらいでした。チケット代が安いのはセール期間に購入したのと関空の出発時間が朝早く空港泊する必要があるからです。

関西国際空港を朝8時30分に出発、バンコク ドンムアン国際空港に現地時間12時10分に到着する5時間40分のフライトです。日本とタイは30分の時差があります。

朝のフライトなので空港に前泊する必要がある


朝6時30分に関空第一ターミナルにあるチェックインカウンターに向かいます。朝早いので関空周辺か空港泊する必要があります。

安く空港泊するなら「リフレッシュ スクエア(REFRESH SQUARE)」がオススメです。

 


チェックインカウンターに人は並んでいません。

 


ボーディングチケットは、ちゃんとした厚紙のチケットです。スクートの公式サイトでチケットを買ったですが、チケットはノックスクートになっています。

 


出国審査を抜けたところにあるKIX-ITMカードの機械でポイント登録します。貯めたポイントはANAマイルなどに交換可能です。

 


旅行中は日本円の小銭が邪魔なのでポケットチェンジでSuicaやICOKAにチャージします。帰国時も米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォンの硬貨でチャージできます。タイバーツは紙幣だけチャージ可能です。

 


搭乗口は8番ゲート。

 


出発20分前ぐらいから搭乗開始しました。

 

くちばしの塗装が目立つノックスクート機。

人気のバンコク路線なのに座席がガラガラ


心配になるぐらいガラガラな機内、搭乗率は30%ぐらいです。乗客は日本人が多い。

 


エコノミー席を3席独占して寝ることもできます。関空を定刻通りに出発します。

関空を定刻通り出発、5時間40分のフライト


機体はボーイング777-200です。

 


LCCなので食事とドリンクは有料になります。

 


結構おいしそうなメニューもありますがバンコク着が昼12時ぐらいなので、昼ごはんはタイ料理をおいしく食べるために我慢します。

 


ドリンクメニューはこんな感じです。席はガラガラで両隣もいないので快適なフライトです。

ドンムアン空港に到着、イミグレは大混雑


定刻より15分ほど早くバンコク ドンムアン空港に到着しました。イミグレへ向かいます。

 


イミグレはうんざりするほどの行列です。

 


到着から1時間以上かかって到着ロビーに出てくることができました。

バンコクへの飛行機チケット価格比較はスカイスキャナー

日本からバンコクへ向かう航空会社は多数ありますがですが、スカイスキャナーなら安いルートを検索するのに便利です。LCC格安航空も一括して検索可能です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です