海外WiFiレンタルが便利、ドコモ・ソフトバンク・auよりもオススメの理由と比較

海外旅行に行くときに、スマートフォンやタブレット、あるいはノートパソコンを持っていくのは当たり前のようになってきています。そしてそれらは、インターネットに接続できないと無意味な箱です。

趣味や暇つぶしだけなら、ホテルのwifiや海外のカフェでは必ずある無料のwifiでも充分ですが、家族との連絡や緊急の連絡はLINEで行う人や仕事のメールをやりとりする人は、場所が限られ、不安定なフリーのWiFiでは、問題があります。

また公共の無料wifiやカフェの無料スポットでは、セキュリティーの面でも不安があります。例えば、海外旅行先で現地の旅行会社にオプションツアーを申し込む際にクレジットカードの入力をした際にパスワードやクレジット番号が抜き取られる危険性もあります。

海外でインターネット通信するのは、どの方法がベストなのか、そして、その理由を説明いたします。

 

 

海外旅行では、レンタルWi-Fiルーターが便利

現地で安全にインターネットする方法は、いくつかありますが、一番確実で安全な方法は、日本で「レンタルWi-Fiルーター」を借りて持っていくのが良いでしょう。海外でも簡単に接続できる様に設定されていますし、速度も速く、セキュリティの面も安全です。また同時に何台も接続できるので家族や友人同士で共有できますし、一人で複数のデバイスを利用するひとも同時に使用できます。

 



 

海外旅行では、Wi-Fiルーターのレンタルが一番な理由

海外でインターネットする方法としては、NTTドコモやソフトバンク、auでローミングする方法、日本でポケットwifiモバイルルーターをレンタルする方法、SIMフリーのスマートフォンに現地で購入したSIMカードを入れて使う方法がありますが、その中でもモバイルwifiをレンタルするのが一番な理由を挙げていきます。

 

グローバルWiFiの詳細はコチラから
↑↑↑↑↑実績No1でオススメの「グローバルWiFi」の料金詳細はコチラから↑↑↑↑↑

 

Wi-Fiルーターなら料金が定額で安い、青天井のパケット量を支払う必要がない

NTTドコモやソフトバンク、auのスマートフォンは、海外パケ・ホーダイなど、海外でも使えるプランがありますが、料金が非常に高く1日あたり3000円くらいします。海外1dayパケのような1日あたり1000円くらいの安い料金プランもありますが、通信量が少なすぎてフェイスブックやインスタグラムなど写真が多いサイトを見ているとすぐに上限に達するので使いものになりません。

そして一番怖いのは、ローミングの設定を適切にせずに、海外パケ・ホーダイの対象外の海外業者の電波につながってしまうと、青天井の高額料金が請求される場合があります。がっつりネットを使っていたら、数十万円請求されるコースですな怖いです。

しかし、海外用のWi-Fiルータなら、料金は定額で追加料金を気にせずに使うことが出来ますし、インターネットも高速で大容量使うことが出来ます。

 




 

レンタルWi-Fiルーターとドコモの料金比較

アメリカ(ハワイ)で7日間利用した場合のレンタルWi-Fiルーターとドコモの「海外パケ・ホーダイ」を比較すると

レンタルWi-Fiルーターの場合
1日当たり980円×7日間 = 合計金額 6860円

NTTドコモの「海外パケ・ホーダイ」の場合
1日当たり2980円×7日間 = 合計金額 20860円

料金は14000円の差があります。差額でホテルのグレードアップや豪華なディナーができますね。

 

レンタルWi-Fiルーターとソフトバンクの料金比較

タイで5日間利用した場合のレンタルWi-Fiルーターとソフトバンクの「海外パケットし放題」を比較すると

レンタルWi-Fiルーターの場合
1日当たり680円×5日間 = 合計金額 3400円

ソフトバンクの「海外パケットし放題」の場合
1日当たり2980円×5日間 = 合計金額 14900円

料金は11500円の差があります。差額でタイ料理のフルコースディナーを食べることが出来ますよ。

 

レンタルWi-Fiルーターとauの料金比較

ヨーロッパ(フランス)で10日間利用した場合のレンタルWi-Fiルーターとauの「海外ダブル定額」を比較すると

レンタルWi-Fiルーターの場合
1日当たり980円×10日間 = 合計金額 9800円

ソフトバンクの「海外パケットし放題」の場合
1日当たり2980円×10日間 = 合計金額 29800円

料金は20000円の差があります。差額で、素敵なお土産を買う事ができますね。

 

海外Wi-Fiルーターなら面倒な設定が不要

Wi-Fiルーターなら面倒な設定は不要です。ルーターの電源を入れて、iPhoneやアンドロイドスマートフォン、ノートパソコンのWiFiの設定で「ルーターの裏側に記述されているSSID(WiFi ルーターの名前、本体に書かれています)を選択しパスワードを入力」するだけで完了です。詳しい用語が良く分からない人も成田空港や羽田空港、関西空港のレンタルカウンターで教えてくれますので問題ないです。

 

ポケットWi-Fiルーターの受け取りも返却も簡単

空港でwifiモバイルルーターを受け取ることが出来ます。一番知名度の高いイモトのwifiの場合、成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港セントレア、福岡空港で受け取り可能です。海外旅行から帰ってきたときも空港のカウンターに返却するので、楽ちんです。また、船で海外旅行に行く人や空港での乗換時間がギリギリで不安なひとは、宅配便で受け取り、返却することも可能です。

また、空港のカウンターなら、受取の際に使用方法などの不明点についても説明してもらえるので良いですね。

 

友人同士、家族で利用可能

レンタルWi-Fiルーターが1台あれば、同時に何台も接続することが出来ますので家族同士、友人同士でも利用出来ます。何台つないでも料金は同じなので安くすみます。ただしWi-Fiルーターの電波はそんなに遠くまで届かないので、違う場所にいる友人とLINE通話で待ち合わせの連絡をするといった使い方は出来ません。

複数のデバイス、iPhoneやアンドロイド端末などのスマートフォンすべて、iPadやipad mini、ipad touchやWindowsのノートPC、Macbook 、PSPやDSなどの無線LAN内蔵ゲーム機も同時に利用できます。

 

ネットがあると旅で便利、LINEで日本に無料通話も可能

海外旅行で、インターネット通信が無制限で出来ると日本と同じ様な感覚で便利さで、インスタグラムやTwitterやfacebook、Skypeを使うことが出来ます。そして必須のツールLINEで日本との通話も無料で出来ます。

通信量を気にしなくても良い海外用のWi-Fiルータなら、海外旅行の楽しさもアップします。食事をするときも翻訳アプリを使って注文したり、写真を検索してほしい料理を説明したり、グーグルマップを使って効率的に観光地を周る事も可能です。

 

現地のSIMカードを入れてインターネットをするのは難しい

海外ではプリペイド式のSIMカードが売られています。1週間くらいで1000円くらいからと安い物も多いですが、NTTドコモやソフトバンク、auのスマートフォンは、日本でしか使えない様にロックが掛っているため、使うことが出来ません。

携帯会社のショップで、3000円程度払えば、ロックを解除してもらえますが、自分のスマートフォンが、使用する国の周波数(バンド)に適応しているかの確認や設定が必要なため、スマホに詳しい人が同行する場合以外はオススメできません。

また最近、日本でもSIMフリースマートフォンというロックの掛っていないスマホが売られていますが、結構な値段がするので、レンタルwifiの方が良いですね。またLINEのアカウントは1台でしか使用出来ないので、海外旅行中だけ別のスマートフォンでLINEをするには、アカウントを移す必要があり、たいへん面倒です。

グローバルWiFiの詳細はコチラから
↑↑↑↑↑実績No1でオススメの「グローバルWiFi」の料金詳細はコチラから↑↑↑↑↑

 

3Gと4G LTE のどちらが良いの?

海外レンタルwifiルーターには、3G対応の物と4G LTE対応の物があります。4G LTEの方がかなり通信速度が速いですが、普通の用途なら3Gで充分です。旅先でyoutube動画をがっつり見るということも無いでしょうから、インタ―ネットのヘビーゆざーで無い限り、安い3Gの海外wifiで良いでしょう。

 

レンタルWi-Fiルーターの設定方法

Wi-Fiルーターのレンタル会社に図入りでわかりやすく書かれているので、そちらを見てもらえれば、すぐにわかります。重要なポイントは、スマートフォンやタブレットの設定で、モバイル通信をオフにして通話のみ可能にしておく事です。一度でもつながってしまえば、NTTドコモやソフトバンク、auから料金請求されるので、日本の空港の出発ロビーでモバイルデータ通信をオフにしておくと良いです。

スマートフォンで使うには、iPhoneの場合「設定」→「モバイルデータ通信」→「モバイルデータ通信」をOFFしてWi-FiをON、Androidスマートフォンの場合「設定」→「その他の設定(その他ネットワーク)」→「モバイルネットワーク」→「データ通信(モバイルデータ)」をOFFしてWi-FiをON、してスマホとモバイルWiFiルーターを接続すればインターネットを使うことが出来る。通話はNTTドコモ・au・ソフトバンクのローミングとなるので別料金となる。

 

オススメの海外WiFiレンタルサービス

おすすめの海外WiFiレンタルサービスを紹介します。サービスはほぼ同じレベルなので、料金とルーターの受け取り出来る空港の確認が重要です。特にサービスに違いがなければ、実績では一番の「グローバルWiFi」を選んでおけば間違いないでしょう。

イチオシは実績の「グローバルWiFi」




世界200以上の国と地域で使えるパケット定額制の海外用WiFiレンタルサービスで、実績は一番です。海外にも支社がありサポートも手厚い。最安の国の場合1日380円からとなっています。ここをレンタルしておけば間違いないでしょう。

 

パケット定額1日300円から格安レンタルWiFiはグローバルWiFi!

 

知名度が高い「イモトのWifi」




知名度ではナンバーワンです。海外旅行好きのみなさんは、CMキャラクターのイモトさんに親近感を感じるのではないでしょうか。グローバルWiFiより安い場合もあるので要チェックです。24時間、専任のスタッフによるサポートを受けることができます。

 

【イモトのWiFi】の詳細はコチラから

 

「エクスモバイル」の海外WiFiレンタルサービス




ベトナムやカンボジアなら1日550円~からと安価、スマホやタブレットのレンタルも出来ます。

 

海外WiFiのエクスモバイル、詳細はコチラから

 

コメントを残す

*