ミャンマー旅行でおすすめの海外レンタルWiFiルーター【2019年】

旅行

期間限定ですが観光ビザが免除されたり、バガン遺跡が世界遺産に新たに登録されるなど注目度が高まってきているミャンマー旅行。ミャンマー旅行であると便利なのは現在無くてはならないアイテムであるスマートフォン、海外旅行の日程計画や予約にもスマートフォンでする方も多いと思います。

海外旅行の時ぐらいスマホを使わないのも有りだとは思いますが、より快適に旅行を楽しむには、タクシーアプリGrabやスマホのマップ、翻訳機能を活用したほうがより楽しむことが出来ます。

最初にミャンマー旅行の際に現地でインターネット接続する一番確実で安心な方法を言ってしまうと、海外WiFi(ワイファイ)ルーターをレンタルする方法です。海外WiFiルーターでもグローバルWiFiが一番オススメです。

ミャンマー旅行でインターネットを使う方法

ミャンマー旅行時に現地でスマホをインターネットを使う主な方法は以下の4種類があります。

宿泊するホテルや空港など公共のフリーWiFiを使う

無料なので費用の節約にはなりますが使える場所が限定されていて不便です。ホテルのWiFiも空港や駅などにある公共のWiFiも接続ログインの仕方が違い面倒であったりネット接続自体が不安定なことが多いです。

ミャンマーの場合はホテルの無料WiFiは不安定なことが多く、停電も結構あるのでホテルのWiFiにつながらないこともあります。またセキュリティに問題があるので現地でレストランやオプションツアーなどクレジットカード情報を入力する場合は問題があります。

携帯会社のドコモ au ソフトバンクの海外パケット定額プラン

日本で使っているスマートフォンが使えますが料金は高くなります。滞在が1日だけとかなら非常に便利ですが2泊以上になると現地SIMや海外用WiFiルーターをレンタルした方がお得です。

SIMフリースマホを購入して現地のSIMカードを使う

費用は一番安くなりますが、ドコモ au ソフトバンクのスマホやiPhoneの場合は事前にSIMロックしないと現地のSIMカードを使うことができませんし、SIMを入れ替えるので旅行中は日本の電話番号が使えません(DualSIMのスマホを除く)。また日本と外国のスマホでは機種は同じでも対応する周波数(バンド)が違うことが多く、その国の周波数に対応していないと通信スピードが遅かったり通信出来ないこともありえます。

SIMフリーのスマートフォンを日本で買って持っていく場合も行く国に対応する周波数(バンド)をカバーしているか確認になければなりません。

海外旅行用WiFiルーターをレンタルして持っていく

海外旅行や仕事で絶対にネット通信することが必要、又は難しい事を考えずに旅行を集中して楽しみたいという方に一番オススメなのがレンタルポケットWiFi(ワイファイ)して持っていく方法です。

日本の自宅または空港で受け取り現地に着いたら設定などなにもせずに電源を入れるだけで使えるようになるので確実簡単です。欠点としては2人以上のグループで1台だけ借りた場合は別行動がしずらいことです。保険やオプションをつけた場合は料金が割高になりますが複数人で割り勘すると他の方法と比べて割安になります。

1日の通信容量は300MBぐらいからが多く動画閲覧しなければ1~3人ぐらいなら300MBでも充分だと思います。

ミャンマーで使えるオススメ海外WiFiルーター

5日間レンタルした場合の費用を参考に記載していますが、料金はそのとき開催されているキャンペーンやクーポンの有無によりかなり違うので2、3社見積もりしてから決定するのが良いですね。グローバルWiFijetfi (ジェットファイ)がオススメです。

また、ミャンマーの場合は一部で通信できない地域があるので注意しましょう。

グローバルWiFi 4G(高速)プランもある海外WiFi


海外WiFiレンタル利用者数ナンバー1、業界大手の安心感。受取・返却場所は国内17空港、宅配での受取り返却サービスもあります。3G(中速)プランと4G(高速)プランがありますがLINEやメールぐらいなら3G(中速)プランで充分です。

出発4日前までキャンセル料はかかりません。4日前からの申し込みならほぼ割引となる早割やLINEでのサポートもあり

1日 3G 300MB 1170円から
1日 4G 300MB 1470円から
渡航期間5日間「ミャンマー 3G(中速) 300MB/日 空港受け取り」の場合 合計6,550円(税込)

海外WiFiレンタル利用者数ナンバー1 一番おすすめのグローバルWiFi

 

料金が安い海外Wi-Fiルーター「jetfi (ジェットファイ)」


jetfi (ジェットファイ)は電源を入れるだけで渡航先の最適なネットワークに自動接続する
先進的な海外Wi-Fiルーター、オプションで050番号を持てるので日本からも電話も簡単に受けられます。保険料は任意加入ですが入っておいた方が良いです。
キャンペーンなども多く価格が一番安くなる場合が多いですが返却が空港で出来ないのが欠点。貸出時にWiFiルーターと一緒に貰える返却用レターパックの封筒を旅先に持っていくことになります。

1日 4G 350MB 680円から
1日 4G 500MB 980円から
1日 4G 1GB 1280円から
渡航期間5日間「アジアプラン 350MB 空港受け取り」の場合 合計4,372円
円(税込)

ミャンマーでもハワイでもLTEで快適!コスパ◎はjetfi

 

CMで有名な「イモトのWiFi」


利用できる都市はヤンゴン、マンダレー、ネピドー、バガンの4都市です。タレントのCMでもおなじみの業界大手サービスで、中速の3Gプランが用意されています。

渡航期間5日間「ミャンマー 3G WiFiプラン 500MB/日 空港受け取り」の場合 合計8,560円(税込)

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

 

海外用格安WiFiレンタルサービス Wi-Ho(ワイホー)

株式会社テレコムスクエアの海外用格安WiFiレンタルサービスWi-Ho!(ワイホー)。保険料は任意加入ですが入っておいた方が良いです。

1日 4G 300MB 1,250円から
1日 4G 500MB 1,550円から
1日 4G 1GB 1,850円から

渡航期間5日間「ミャンマー ワイホー 4G 通常プラン 300MB 空港受け取り」の場合 合計7,870円(税込)

格安の海外用WiFiはWi-HO!

コメント