世界遺産バガンのオススメ宿「ゴールドスター ゲストハウス (Gold Star Guest House)」

世界遺産に指定されたミャンマー バガン ニャウンウー地区にある格安ホテル「ゴールド スター ゲスト ハウス (Gold Star Guest House)」に宿泊しました。ドミトリーではなく個室のホテルでは激安の1泊1000円台です。

ホテルはバガンのニャウンウー地区


バガンは交通の中心でレストランやマーケットなどが集中する「ニャウンウー」と寺院や遺跡が有る「オールドバガン」、中級から高級なホテルが集まり静かな「ニューバガン」の3つの地域があり、リーズナブルなホテルはニャウンウー地域にあります。

バガン郊外にあるアウンミンガラー ハイウェイバスターミナルからニャウンウーにあるホテルへ向かいます。

 


タクシー料金は一律でニャウンウーへは6000チャット(420円ぐらい)、途中でバガン入域料25000チャットを支払います。

 


Googleマップに記載されているホテルの場所は大通りに面しているような感じですが実際は、写真の銅像がある交差点(Aye Nyein Thava公園)から右側にある舗装されていない道を入っていきます。場所は少しわかりにくいので最初はタクシーで行ったほうが良いと思います。

 


バスターミナルからタクシーで15分ほどで到着。徒歩圏内に食堂や雑貨店、500メートルぐらい先にはレストランやバーが集まるところもあり食事には困りません。

 


予約表を見せてチェックインします。親切な方が多いミャンマーの中でもこの宿の従業員は更にフレンドリーで親切です。

 


掃除はされていますが建物自体はキレイとは言えないホテルです。値段を考えると仕方がないですね。

 


部屋の様子、ベットのシーツは清潔で虫などもいませんが床は汚いです。3泊しましたがシーツの取り換えは無しでした。隣室の音などは殆ど聞こえません。

 


壁にはテレビが掛かっています。

 


クーラーも問題なく動作しますが動作音は大きめ、部屋内は匂いなどは特になし。

 


無料のミネラルウォーターが1本。

 


冷蔵庫はあまり冷えなかったです。

 


コンセントは日本のコンセントプラグと同じです。クーラーだけでなくファンも付いていました。

 


歯ブラシと石鹸、シャンプーは無いです。バスタオルは2枚、連泊の場合フロントに言うと取り替えてくれます。

 


シャワーは冷たい水だけで熱湯は出ませんでした。排水は少し悪く匂うので換気扇をずっとつけていました。

 


無料WiFiはありますがちょっと不安定です。

 


持ち歩くには抵抗のある大きな鍵。

 


朝食は屋上で食べます。ビュッフェではなくスタッフが持ってきてくれます。宿代の安さを考えれば上出来です。

 


ホテルでEバイク(電動バイク)のレンタルもやっています。広いバガン遺跡を周るには必須で非常に便利です。バッテリーは走り回っても1日充分持ちますが万が一バッテリー切れを起こした場合はホテルのスタッフを呼ぶことが出来るので安心です。

他のレンタルバイク屋よりも若干料金は高い1日6000チャット(450円くらい)ですがホテルを朝早くできて夜遅くに戻ってこれるのは便利ですし整備もされています。

少し建物が古く部屋も雑然とした感じですがスタッフの親切さが補ってくれます。2000円以下で個室、サービスも非常に良いのでお勧めのホテルです。

ホテル予約サイトなら2000円以下で予約可能

ホテル予約サイト「アゴダ」なら現地で直接支払ったりや公式ホームページで支払うよりも安い料金で宿泊することが出来ます。

アゴダで「バガン ゴールドスター ゲストハウス (Gold Star Guest House)」をチェック

バガン ゴールドスター ゲストハウス (Gold Star Guest House)の概要

場所 : Shwezigon Pagoda St, Nyaungu, ミャンマー
町の中心部、大通りから少し入ったところにあります。
電話番号 : +95 9 430 59023
ファイスブック https://www.facebook.com/Gold-Star-Guest-House-Nyaung-U

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です