台北桃園国際空港の「More Premium Lounge モア プレミアムラウンジ」

旅行

台湾の台北桃園国際空港(Taipei Taoyuan International) の第2ターミナルにある
「More Premium Lounge モア プレミアムラウンジ」をプライオリティパスを使って無料で利用してきました。

台北 桃園空港More Premium Loungeの場所

台北桃園国際空港内にはプライオリティパスで無料で入れるラウンジが5カ所ありますが、国際線の第2ターミナルにあるラウンジです。

 


場所は第2ターミナルの4階で出入国審査を通過した後のエアサイドにあります。看板が見えるので案内通り上階に行きます。遠いですが第1ターミナルからも来ることが可能です。

 


営業時間は早朝6時からよる23時30分まで、最長で3時間の滞在が可能です。周囲には他のラウンジもあります。

他のラウンジよりも人が少なく静か


メインのロビーを中心にニューヨークなど都市の名前がつけられたクラシックな雰囲気の小部屋がいくつかある間取りになっています。

 


夕方の出発便が多い時間帯でしたが人は少な目で静かです。プライオリティパスで利用できる他のラウンジも行った事がありますが一番落ち着いていて静かに感じました。

 


メインのロビーも人は少なく落ち着いた感じです。シャワールームもあります。

 


入口付近には出発時間をみることが出来るボード、英語と中国語の雑誌新聞もあります。この隣にはパソコンが何台か置かれているのでインターネットを使うことが出来ます。

 


ドリンクや料理は少ないですが一通りあります。

 


中国系のラウンジによくある点心類もあります。隣には何故か味噌汁サーバーがありました。

 


ソフトドリンクやコーヒー、ビールなどアルコールもあります。

 


台湾風のおでん。

 


台湾のご飯とおでん。

 


麺類はオーダー可能で5種類から選ぶことが出来ます。注文から5分ほどで出来上がります。

 


牛肉麺を注文、量は少な目で小腹を満たすのにちょうど良いサイズです。美味しかったのでお替りしたかったのですが、機内食が食べられなくなるので我慢。

ハーゲンダッツのアイスが食べ放題


デザートはハーゲンダッツが4種類用意されており食べ放題です。

 


やはり普通のアイスクリームよりも美味しい。

 


無料のWiFiもあります。

 


速度も速く安定していました。

 


メインロビーの窓際には、ノートパソコンを広げて作業出来るスペースがありコンセントプラグとスマホ充電用のUSBが用意されています。

桃園空港のMore Premium Loungeは、プライオリティパスがあれば無料利用可能

台湾桃園国際空港 第2ターミナル「More Premium Lounge」は、年会費10800円の楽天プレミアムカードに入会すれば付属するプライオリティパスを使えば無料で利用できます。

プライオリティパスは、単独で世界1000箇所以上のラウンジを利用できるのでLCCをよく利用する方なら年間1万円以上の価値があります。(ラウンジを有料で利用する場合は3000円以上が多い)

また、楽天プレミアムカード自体も最高5,000万円補償の海外・国内旅行保険が自動付帯であったり、楽天トラベルや楽天市場のポイントが割り増しでゲットできたりと旅行好きの方なら10800円以上の価値はあります。プライオリティパスは単独で取得すると年会費がUS$359なので楽天プレミアムカードを取得するほうがお得です。

『楽天プレミアムカード』なら 国内外の空港ラウンジサービスが利用できる「プライオリティパス」が付属します。

台湾桃園国際空港 第2ターミナル More Premium Lounge 概要

営業時間
毎日:午前6時~午後11時30分 フライトスケジュールに応じて営業時間が変更される場合があります。
所在地
エアサイド – レベル4にあります。出入国審査を通過した後、上の階に上がって右折します。「ビジネスセンター」の標識に従ってお進みください。第1ターミナルからご出発のお客様も、フリートランジットトレイン(連絡列車)経由でこのラウンジにお越し頂くことができます。
利用条件
最長3時間まで滞在可能です。 – 会員1名様につきお連れいただける同伴者数の上限は3名です。 – 2歳未満のお子様は入室無料です。

コメント