日本に就航する格安航空会社(LCC)の安全性 2018

旅行

海外旅行に欠かせなくなってきた格安航空会社(LCC)ですが一番気になるのが安全性です。

LCCでもピーチやバニラなどなら名前を聞いたことがあるし日系なので何となく安心感がありますが、最近は聞いたことが無い海外の格安航空会社(LCC)が新たに就航することも多く安全性はどうなのか不安に感じます。

海外のウェブサイトAirlineratings.com では、独自の基準で毎年、航空会社の安全性が発表されています。そこで日本の空港に発着する格安航空会社(LCC)や日本人が良く利用しそうな格安航空会社(LCC)の2018年の最新データで安全性を調べて見ました。この格付けが絶対ではないですが参考にはなると思います。

日系 格安航空会社(LCC)の安全性

安全性の格付け(Safety Rating)は、「7」が最高、「1」が最低となっています。

日本に本拠地のある航空会社ではフラッグシップである日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は、最高の格付けである「7」となっています。また、日系LCCの格付けは、すべて「5」となっています。

ピーチ・アビエーション (Peach)

安全性の格付け(Safety Rating) 「5」
日本初のLCCとなるPeach(ピーチアビエーション)は、関西空港をメインとしたANA系の格安航空会社です。

バニラエア (Vanila Air)

安全性の格付け(Safety Rating) 「5」
ANAの子会社となる成田空港拠点のLCCです。

ジェットスター・ジャパン(Jetstar Japan)

安全性の格付け(Safety Rating) 「5」
カンタス航空・日本航空・三菱商事の3社が出資する成田空港拠点のLCCです。

韓国系LCCの安全性

あまり馴染みのない名前の航空会社が多いですがエアプサン以外の格付けは高いです。

エアプサン(Air Busan)

安全性の格付け(Safety Rating) 「5」
エアプサンは、韓国のアシアナ航空系のLCCです。

チェジュ航空 (Jeju Air)

安全性の格付け(Safety Rating) 「7」
チェジュ航空(済州航空)は、韓国の大手財閥「愛敬グループ」と済州特別自治道による格安航空会社LCC

イースター航空 (Eastar Jet)

安全性の格付け(Safety Rating) 「7」
イースター航空は、韓国系のLCCです。

ジンエアー (Jin Air)

安全性の格付け(Safety Rating) 「7」
ジンエアーは、大韓航空の子会社となるLCCです。

ティーウェイ航空 (T’way Airlines)

安全性の格付け(Safety Rating) 「7」
韓国のLCC(格安航空会社)です。

中国系LCCの安全性

意外にも日本に就航する航空会社の格付けは高いです・

春秋航空 (Spring Airlines)

安全性の格付け(Safety Rating) 「7」
中国・上海市に本社を置く中国のLCCです。キャンペーンも多く行われています。

その他のLCCの安全性

その他の地域を本拠地とするLCCも日本発着便がある航空会社だけ見ると、そんなに格付けは悪くないです。ノックスクートの親会社であるノックエアはパイロット不足で欠航も多いようです。

ノックスクート (NokScoot)

安全性の格付け(Safety Rating) 「4」
タイのドンムアン国際空港を本拠地とするノックエアとスクート傘下のLCC。2018年に成田-バンコク就航

スクート (Scoot)

安全性の格付け(Safety Rating) 「5」
シンガポールのチャンギ国際空港を本拠地とするシンガポール航空傘下のLCC。

香港エクスプレス航空(HK Express)

安全性の格付け(Safety Rating) 「7」
香港エクスプレス航空は、香港のLCC航空会社です。安全なLCC航空会社Top10にも選ばれています。

タイガーエア台湾 (Tigerair Taiwan)

安全性の格付け(Safety Rating) 「データなし」
台湾を本拠地とするチャイナエアライン傘下のLCC。

セブパシフィック航空 (Cebu Pacific Air)

安全性の格付け(Safety Rating) 「6」
フィリピンが本拠のLCC セブ・パシフィック航空(Cebu Pacific Air)

ベトジェットエア (Vietjet Air)

安全性の格付け(Safety Rating) 「6」
ベトジェットエアは、ベトナムのLCC航空会社です。2018年11月に日本に就航予定。

エアアジアX(Air Asia X)

安全性の格付け(Safety Rating) 「6」
国際線の格安航空の代名詞といえるほど有名なエアアジアXは、マレーシアの航空会社です。

ジェットスター(Jetstar)

安全性の格付け(Safety Rating) 「7」
カンタス航空傘下のオーストラリアのメルボルンを本拠地とするLCC(格安航空会社)

安全な航空会社

Airlineratings.comでは2018年版の安全な航空会社TOP20を発表しています。

安全な航空会社TOP20
エア・ニュージーランド、アラスカ航空、全日本空輸、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空、エミレーツ航空、エティハド航空、EVAエア、フィンランド航空、ハワイアン航空、日本航空、KLM、ルフトハンザ、カンタス航空、ロイヤル・ヨルダン航空、スカンジナビア航空システム、シンガポール航空 、スイス・インターナショナルエアラインズ、ヴァージンアトランティック、ヴァージンオーストラリア。

コメント