看護師にオススメの本・雑誌を紹介、旅行中など時間のある時に読みたい本

現在、インターネット上には情報があふれ看護関係の情報も数多くあります。しかし信憑性に疑問がある情報もあり自分自身で情報の整理をしていくのも難しい状況です。インターネット上よりも信頼性の高く体系的にまとめられた本や雑誌も読むことが疑問解決の近道になり、スキルアップのもつながることが多々あると思います。

そこで看護師としての考え方が書かれた本、スキルや転職に関することが本をまとめてみました。海外旅行の際は荷物の中に一冊入れて、旅行の移動中や海外のカフェでゆっくりと読んでみてどうでしょうか。

 

 

看護の力 川嶋みどり

看護師の方は看護の原点を再確認、看護師を目指す方は看護師の基本となることを知ることが出来る良書。看護に関わる全ての方にお勧めの本です。

人間誰もが持つ自然に治る力を引き出すこと。著者はこれこそが看護の営みの原点という。美味しく食べて、気持ちよく清潔に過ごし、ぐっすりと眠れるように……人間らしく生きる普通の暮らしを整えるケアとは何か。胃瘻や床ずれ対応のヒントに「下の世話」や代用入浴の心得など。現役看護師として60年、その心と技の真髄。

 

看護覚え書―看護であること看護でないこと フロレンス ナイチンゲール

小さいころナイチンゲールに関する本を読んで看護を志した人も多いと思います。看護師必読の書。

本書は、ナイチンゲールによって一世紀以上も前に書かれ、現在もなお看護の思想の原点となっている “ Notes on Nursing ” の完訳である。「看護とは、新鮮な空気、陽光、暖かさ、清潔さ、静かさ、などを 適切に整え、食事内容を適切に選択し 適切に与えること ― こういったことのすべてを、患者の生命力の消耗を最小にするように整えること、を意味すべきである」 と看護の原点と基本的原理を論述する本書は、すべて看護を学ぶ者の必読の書である。

 

看護師という生き方 宮子あずさ

現役のナースが書いている本で、エピソードや考え方などリアルな仕事を感じることが本です。現役看護師の方は共感し、ナース志望の方はナースの空気感も知ることができます。

看護師という仕事は、働く人の人間性に強く働きかけ、特有の人生を生きることになる。長く勤めるほど味わいが増すこの仕事の魅力に職歴二六年の現役ナースが迫る。

 

今日も私は、老人ホームの看護師です 鈴橋加織

笑えるのに愛情たっぷりのキャッチコピー通りに気楽に読めるコミックエッセイです。旅行の移動中に読むのにぴったりです。

笑えるのに愛情たっぷり。現役の看護師が描く抱腹絶倒のコミックエッセイ。
老人ホームを探している人や、老人ホームのことを知りたい人には、ぜひ読んで頂きたい本です。最初から最後まで、笑いながら読めるのに、愛情あふれる一冊。老人ホームにお勤めの方からも、発売前から好評です。

 

人生に必要なことはぜんぶ看護に学んだ―宮子あずさのサイキア・トリップ

「看護師という生き方」の著者である宮子あずさの書、神経科病棟、緩和ケア病棟を担当する現役ナースならではの本です。

「看護師なんて、もう辞めたい!」この仕事に就いたら、誰もが一度は思うこと。看護師の仕事は山あり谷ありで、あちらを立てればこちらが立たず。。。しんどいなぁ、もう。でも、10年続けてみたら……。
精神科病棟、そして緩和ケア病棟で、そのつど悩み、不器用にも続けてきた10年のナース歴史を宮子あずさが振り返りました。看護を通して学んだことが、自分の人生の支えにもなっていた!10年やれば、味わえる。
~自分の感情を研ぎ澄ましながら、人とかかわる緊張感。これもまた、看護の醍醐味なんですよね。ふらふらになって人間がぶっ壊れない程度に、これからもがんばります~

 

言葉で治療する 鎌田 實

医者の鎌田實さんが記す新しいコミュニケーション。医療関係者なら初心を確認するために読みたい本です。

病にかかったとき、患者さんと家族は医療者の言葉しだいで、治療の日々が天国にも地獄にもなる。「病気になったのは頑固だからだ」「苦しくて、病院には殺されるために来たようなものだ」「弱っちゃったね、また元気になろうね。痛みもきちんと止めてあげますよ」……衝撃の現場を紹介しながら、鎌田医師が心と体が立ち直っていく言葉をしめす、役に立つ新しいコミュニケーション術。

 

看護師をやめたくなったときに読む本―私はこうして乗り越えた!看護部長25人の乗り切り力

現役ナースのインタビュー・エピソード集。

看護師向け総合月刊誌『ナースビーンズ』『smart nurse』の好評連載、「だからナースはやめられない!」をまとめたインタビュー集。厳しい仕事を乗り越えてきた看護部長25名が語るナースの醍醐味、転機となったエピソードが満載。新人はもちろんすべてのナースに読んでほしい一冊

 

聖路加病院訪問看護科―11人のナースたち 上原善広

これから需要が多くなるであろう「訪問看護師」に関するルポ。

たった一人で患者宅を訪れ、医療行為から生活面のケアまで全てをこなす「訪問看護師」。在宅介護や在宅死が大きな注目を集め需要が高まる中、その数は急速に増えつつある。そうした数ある訪問看護ステーションの中でも最先端を走るのが聖路加病院だ。11人のナースたちが昼夜を問わず飛び回る。終末期医療から難病の小児まで―「よりよく生きることとは何か」に正面から向き合う彼女たちの等身大の姿を描く。

 

看護師のキャリア論 勝原裕美子

日々、忙しい仕事に追われている看護師にとって、看護師としてどうしていきたいのか目標などを考えるきっかけとなる一冊。

看護師のキャリアを、病院組織の中だけのことではなく、看護師の生涯にわたる仕事に関連した諸体験のつながりとしてとらえる視点を、看護管理学の知識のみならず、経営学、社会学、哲学等の人文科学の知識をフルに活用しながら提唱している。その奥にあるのは、著者の、国内就業者だけでも約90万人いるといわれる看護師に対する深い尊敬と愛情である。一人ひとりの看護師が、活き活きと自らの人生をデザインしていく指標を示したのが本書である。 「……本当に行きのある理論は現場と融合できるはずだという確信のもと、本書が生きたメッセージとして多くの看護師に響いてほしいと願っている」

 

その先の看護を変える気づき: 学びつづけるナースたち 柳田 邦男, 佐藤 紀子, 陣田 泰子

看護の初心に帰りたい時に読みたい本です。

看護師であることに迷ったとき、この本を手にとってみてください。ここにはたくさんの物語がつまっています。それはきっと、あなたを元気にしてくれるでしょう。そして、あなたにも、一生の宝物になる物語が心に浮かんでくるはずです。

 

2万人以上が共感した『看護師あるある』 ナース・アル子

Kindle版のみです。旅先で手軽に読めます。

2万人以上が『いいね』を押した!Facebookページ『看護師あるある』が待望の書籍化!
この本を読むことで周りの看護師が感じていることが分かってしまう。あなたが感じていることは、周りの看護師も同じだった!思わず笑う!思わず元気が出る!思わずうなずく!疲れを吹き飛ばす『看護師あるある』をお楽しみ下さい!

 

なぜ?あの看護師は転職に成功したのか 石野宇宙

毎月約30人~40程度の看護師の転職相談に乗り、採用事情にも精通している著者による書。リアルな看護師の転職事情をしることが出来る本です。

■本書は、こんな人にオススメ!
・もう2度と転職で失敗したくない看護師さん
・人材紹介会社を利用中の看護師さん
・今後、転職を考えるかもしれない看護師さん
・初めての転職で不安な看護師さん
・人材紹介会社をこれから利用しようと考えている看護師さん

 

看護師が流した涙 岡田久美

フリーの看護師が書いた病院に関する実話エピソード集。現役ナースならではの視点。

病院というところでは、毎日多くの人が亡くなります。最愛の家族との最期のお別れの時、人はどんな涙を流したのでしょうか。幼い命を助けられなかった時、医療関係者はその衝撃をどのように受け止めるのでしょうか。本書では、その瞬間瞬間に立ち会ってきた現役のナースが、「家族愛」「人の温もり」が感じられる人間ドラマを1冊にまとめています。

 

看護のアジェンダ 井部俊子

週刊医学界新聞の連載がまとめられた本です。様々な課題が提示されている看護師必読の書となっています。

私たちの看護はかくも表現できるのか! 読むとつい、誰かと議論したくなる133のアジェンダ(検討課題)を提示。 2005年から続く「週刊医学界新聞」の人気連載が待望の書籍化。

 

看護師関連の記事

看護師採血バイト は短時間勤務で高収入、求人情報を探す方法、海外旅行資金を貯めるのも可能

トラベルナースの転職・求人募集、給料や勤務形態、資格は必要? 疑問を解決

看護師の転職・就職、履歴書の志望動機 例文とアドバイス

離島応援ナースの求人募集や評判・口コミ・給料について

旅行好きナース向き? イベントナースの探し方、求人

コメントを残す

*