ホーチミン タンソンニャット国際空港のラウンジ「Orchid Lounge」はフォーが美味しかった

旅行

ベトナム ホーチミン タンソンニャット国際空港のインターナショナルターミナル側にあるプライオリティパスで利用可能なラウンジ「Orchid Lounge」に入ってきました。ホーチミン空港内にはプライオリティパスで入れるラウンジがインターナショナル側と国内線側に一つずつあります。

タンソンニャット国際空港のOrchid Loungeのレビュー

場所は少しわかりにくいですが、出国審査を出てからゲート10-14の方へ行くと小さい看板があるので、そこを降りてい行きます。

 


看板にはプライオリティパスの他にJCB、ダイナースなどのロゴもあります。営業時間は午前6時~午前2時です。

 


階段を降りていくとラウンジがあります。こじんまりとしていますが、明るい雰囲気です。

 


飛行機の発着を眺めることもできます。

 


平日の朝に行ったのですが、お客さんは3組くらいでしたので、ゆっくりと出来ました。利用可能な時間は3時間です。

 


食べ物とドリンク関係はラウンジの標準的なものが一通りそろっていました。

 


パンケーキや春巻き、スクランブルエッグなどホットミール。

 


フルーツなどのデザートもあります。

 


ホットドリンクや袋に入ったスナック、パンやシリアルもあります。

 


メイン?はベトナム名物のフォーで、麺が入っている器が用意されているので自分の好きな具材とスープを入れます。

 


ホーチミン市内で食べたフォーはハズレばかりだったせいか、ここのフォーが一番美味しくて2杯目もお替りしました。

 


コーラなどのドリンク類やペットボトルに入った水もあります。出発時間が確認できる案内ボードもあります。

 


無料のWiFiも用意されています。インターネットの速度は普通で安定していました。ソファー席には電源プラグも用意されているのでスマホやパソコンも充電することが出来ます。

 

「Orchid Lounge」は楽天プレミアムカード付属のプライオリティパスがあれば無料で利用可能

タンソンニャット国際空港の国際線エアサイドにある「Orchid Lounge」とベトナム国内線ターミナル内のラウンジ「Le Saigonnais Business Lounge」は、年会費10800円の楽天プレミアムカードに入会すれば付属するプライオリティパスを使えば無料で利用できます。

プライオリティパスは、単独で世界1000箇所以上のラウンジを利用できるのでLCCをよく利用する方なら年間1万円以上の価値があります。(ラウンジを有料で利用する場合は3000円以上が多い)

また、楽天プレミアムカード自体も最高5,000万円補償の海外・国内旅行保険が自動付帯であったり、楽天トラベルや楽天市場のポイントが割り増しでゲットできたりと旅行好きの方なら10800円以上の価値はあります。プライオリティパスは単独で取得すると年会費がUS$359なので楽天プレミアムカードを取得するほうがお得です。

 

『楽天プレミアムカード』なら 国内外の空港ラウンジサービスが利用できる「プライオリティパス」が付属します。

Orchid Lounge タンソンニャット国際空港の概要

営業時間
毎日:午前6時~午前2時
所在地
ラウンジはエアサイドの2階の最初の保安検査を通過した後にあります。左折するとゲート10-14付近にあります。
利用条件
最長3時間まで滞在可能です – 大人お一人様あたり2歳未満のお子様1名入室無料です – 喫煙専用室があります。
追加情報
市内通話とファクス設備のみ。
アドレス
https://www.prioritypass.com/ja/Lounges/Asia-Pacific/Vietnam/Ho-Chi-Minh-City/

 

コメント