上海浦東国際空港のラウンジ「No.77 China Eastern Plaza Premium Lounge」

上海浦東国際空港(Shanghai Pudong International)の国際線第2ターミナルにある中国東方航空の空港ラウンジ「No.77 China Eastern Plaza Premium Lounge」を利用してきました。プライオリティパスがあれば無料で利用出来ます。

No.77 中国東方航空 Plaza Premium Loungeの場所


場所は名前の通り国際線第2ターミナルの77番搭乗口近くにあります。上の階にあるので階段を行きます。

 


ラウンジの中はかなり広いです。夜9時ごろの利用でしたが人も少なく静かで快適です。

 


ビュッフェ形式の食事の他、奥に見えるカウンターでヌードルなどを注文することが出来ます。

 


入口付近には搭乗案内。

 


座席は食事が出来るスペースや電源のあるソファーがあります。

 


ピンぼけになっていますが、食事はサラダや点心、サンドイッチ、フルーツ、ホットミールが用意されています。ただ何か少し雑でプレミア感はありません。

 


ワインは充実していました。

 


コーヒーやお茶などホットドリンクもあります。

 


無料のWiFiはありますが、中国国内と同じように日本のサイトやLINE、ファイスブックなどはブロックされているのでイマイチ。

 

上海浦東国際空港のNo.77 China Eastern Plaza Premium Loungeは、プライオリティパスがあれば利用可能

上海浦東国際空港のNo.77 China Eastern Plaza Premium Loungeは、年会費10800円の楽天プレミアムカードに入会すれば付属するプライオリティパスを使えば無料で利用できます。

プライオリティパスは、単独で世界1000箇所以上のラウンジを利用できるのでLCCをよく利用する方なら年間1万円以上の価値があります。(ラウンジを有料で利用する場合は3000円以上が多い)

また、楽天プレミアムカード自体も最高5,000万円補償の海外・国内旅行保険が自動付帯であったり、楽天トラベルや楽天市場のポイントが割り増しでゲットできたりと旅行好きの方なら10800円以上の価値はあります。プライオリティパスは単独で取得すると年会費がUS$359なので楽天プレミアムカードを取得するほうがお得です。

 

プライオリティパスが付属する楽天プレミアムカードをチェック

No.77 China Eastern Plaza Premium Lounge の概要

上海浦東国際空港(Shanghai Pudong International) (第2ターミナル)
営業時間
毎日:午前6時~午前2時
所在地
エアサイド – 第2ターミナルから国際線でご出発のお客様のみご利用いただけます。ラウンジはゲート77の近くにあります。
利用条件
最長2時間まで滞在可能です。
2歳未満のお子様は入室無料です。
お子様は大人の同伴が必要です。
服装規定は常にスマートカジュアルです。
喫煙専用室があります。

https://www.prioritypass.com/ja/lounges/china/shanghai-pudong-international/pvg4-no-77-vip-lounge

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です