ミャンマーのマンダレーからモンユワ、バガンにバスで移動

ミャンマーのマンダレーからモンユワにバスで移動、2泊してモンユワからバガンまで再びバスで移動しました。

モンユワ観光は、マンダレーとバガンからバスやタクシーを使って日帰りで観光が可能ですが私はモンユワに宿泊しました。

ミャンマー マンダレーからモンユワにバスで移動


モンユワ行きのバスは、マンダレー西側にあるThiri Mandalar Highway Bus Stationから出ています。日本から輸入した中古バスが並んでいます。

マンダレーで私が宿泊した「ホテル ボス (Hotel Boss)」からは歩いて10分ほどで行きことができます。

 


大きいバスターミナルですが英語表記は一切ないです。ターミナルに入ると誰か寄ってくるので行先を告げるとチケット売り場に案内してくれます。

 


ノンエアコンのバスでチケット代は2500チャット(180円ぐらい)、11時に出発です。

 


出発まで時間があるのでバスターミナルの中を散策、屋台も出ているので食べ物には困りません。

 


この小さいノンエアコンのバスで、客引きしながら走ります。

 


バスの中はこんな感じ、自分は外国人なためか一番前の座りやすい席でした。エアコンは無いですが風が入ってくるので思ったよりも熱くはなかったです。

3時間半でモンユワのバスターミナルに到着


3時間半ほどでモンユワのバスターミナルに到着しました。

 


バスターミナルから町の中心部までは少しはなれているのでミニタクシーに乗りました。料金は1000チャットだったと思う。

ちなみにモンユワでは2000円以下の格安ホテル「ホテル チンドウィン (Hotel Chindwin)」に宿泊しました。

モンユワからバガンにバスで移動


2日後、再びモンユワのバスターミナルにやってきました。マンダレーのバスターミナルと同じように寄ってきた人に行先を告げるとチケット売り場に連れて行ってくれます。ミャンマーの人は親切でぼったくることもほとんど無いで気持ちよく個人旅行することができます。

 


ノンエアコンですが大型のバスで、料金は3000チャット(210円ぐらい)、朝9時に出発です。バガンが終点のバスでは無いのでニャウンウー(バガン)のバスターミナルで下車します。

 


モンユワのバスターミナルも日本語が書かれた中古のバスが多いです。

 


バスの中はこんな感じです。古いバスですが道が結構整備されているのでそんなに揺れることも無かったです。

 


バガンの手前のパゴックで30分ぐらいの食事休憩。

 


再び走り出してエーヤワディー川を渡ります。

4時間弱でバガンのバスターミナルに到着


4時間弱でニャウンウー(バガン)のバスターミナルに到着。

 


町からは少し離れているのでタクシーでホテルに向かいます。ニャウンウーまでは6000チャット(420円ぐらい)、オールドバガンまで9500チャット、ニューバガンまでは8500チャットです。途中でバガン入域料25000チャット(1800円ぐらい)を支払います。日本円でも支払い可能なようでしたが多分割高。

バガンでの格安宿「ゴールドスター ゲストハウス (Gold Star Guest House)」に宿泊しました。また、バガンからマンダレーの移動はゴールデンミャンマー航空で30分です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です